奥さんは更に禿げると嘆いていた

美容文章を書くための技法 > 禿げる > 奥さんは更に禿げると嘆いていた

奥さんは更に禿げると嘆いていた

2015年5月30日(土曜日) テーマ:

私の友人夫婦の旦那さんの話。

彼は美容師をしていて外見に色々気を使わなきゃいけないらしく、また美容師と言う仕事柄髪の毛を色々やらなきゃいけないらしいのだが、その結果髪の毛はかなりヤバイ事態になっていた。

そんな彼は奥さんいわく気が付いた時には金髪になっていた。

奥さんは更に禿げると嘆いていた。

そしてこれ以上髪の毛をいじめるならバリカンで刈って坊主にさせると宣言した。

そんな話になっているとは知らない旦那さんは金髪にすぐ飽きたらしく髪の毛の色は赤みを帯びていた。

赤みを帯びた髪の毛と髪の毛の間から地肌が剥き出しになっていた。

奥さんはぶちギレた。

そんなある日奥さんから皆でバーベキューをしようと家に招待された。

早速家に行きバーベキューを楽しんでいると、奥さんが家の奥から何かを持ってきた。

てっきり肉かと思ったらバリカンだった。

奥さんは今から旦那を坊主にすると宣言した。

旦那さんは嫌がるかと思ったらお酒が入っていたからかノリノリで坊主にすると宣言した。

ウーマ育毛剤の効能ガイド公式サイト

それから数分後目の前にはクリクリ頭の男がいた。

そのあとどうなっているかは知らない